株式会社エコリース 株式会社エコリース

workstyle

WORKSTYLE 働き方

INTERVIEW社員インタビュー

積算課

積算課2008年 4月入社 課長

お客様から頂く資料を元にヒアリングを行い、設備工事に必要な費用を見積書という形で提出させて頂く事を業務としております。一言でヒアリングと言っても、電気、防災、給排水、空調と幅広い設備の知識が必要となり、時には地域毎の条令や特性を考慮し、提案させて頂く力も必要になります。その実績からお客様からは、『ちょっと教えて!』と相談のお電話を頂ける事もしばしば。『見積作成してくれて助かった!』等の連絡を頂いた時は、この仕事をしていて良かったと思える瞬間で、幅広い知識を存分に生かせる仕事です。

設計課

設計課2015年 4月入社

設計課は、自社リース商品を用いた電気・防災・給排水・空調などの設備設計図面を手掛ける部署です。各設備設計を一社で行うことによる、干渉を考慮した精度の高い作図技術が売りです。納期までの日程が短納期の場合も多く、毎日の仕事は大変ですが、豊富な設備知識のみならず日程管理や緊急時の対応力も同時に養われていくため、私が目指す社会人像に日々近づいていると実感します。私も早く先輩方のように迅速かつ正確なパフォーマンスを発揮できるようになりたいです。日々努力しています!

資材課

資材課2010年 4月入社 係長

資材課には、①リース設備品の出荷と②購買及び③リース設備品の引き取りの役割があります。
①リース設備の出荷に関しては、倉庫管理されているリース品を設計課から出図される図面を見て、設備の拾い出しをします。
工事課から納期・場所を指定され、車の手配を実施して輸送します。
②購買に関しては、リース品にて在庫切れの設備品を発注いたします。
③リース設備品の引き取りは、リース終了物件からの設備の取り外しや リース現場からの引き取りを実施いたします。
一概にリース設備品と言っても、大量の設備品を保有しており、また取り付けの仕組みも 理解しなくてはなりません。
覚える事は大変ですが、モチベーション高く仕事に取り組んでいます。

工事課

工事課2015年 4月入社 係長

工事課は受注物件の施工管理が主な内容です。お客様との協議、協力業者選定、工程管理などを行い、現場を円滑に竣工するのが仕事です。電気・防災・給排水・空調の施工管理をするので、幅広い知識が要求されます。お客様や協力業者さんから問い合わせが頻繁にきます。しかし私自身知識ゼロからスタートしており、会社の方や協力業者さんが親切に教えてくれます。大変なこともありますが非常に達成感があり、やりがいがある仕事です。

中部営業所 取締役専務 所長

中部営業所
取締役専務 所長
経営者

私たちは、数ある建築業界の中で仮設(プレハブ)建屋への設備リース事業に特化し、設備全般の洗練された知識を持つスペシャリスト集団です。使い捨てが主流だった業界で、プレハブ建築の設備リース事業というニッチな事業を軸に、人材・働き方・事業内容など様々な取り組みを経て強みを伸ばし続けています。私は社員のみんながここで働くことを誇りに思い、そしてその家族からも勤めていることを誇りに思ってもらえるようにします。そうすることで優秀な人材が集まる会社にしていきたいと考えています。

外国人エンジニア

外国人エンジニア2020年11月入社 設計課 勤務

日本に来る前は、ベトナム人という理由で差別をされないかとても心配でしたが、社長や先輩方はとても優しかったです。来日してすぐに会長・社長・所長とご飯を食べに行った事は今でも覚えています。入社して苦労した事は、専門用語が難しい事です。
自発的に勉強をして、覚えていきたいです。先輩方は、普段はとても優しいですが、仕事でミスをすと厳しく叱られますが、成長に繋がると思っています。 これからは、もっと早く仕事ができるように頑張ります。課長のように専門的な知識をもっと身につけ、成長していきたいです。これからも頑張ります!

外国人技能実習生

外国人技能実習生2019年7月入社 資材課 勤務

日本に来る前は、どんな仕事するのか?日本の生活はどうなのか?不安で一杯でした。 仕事を始めて見ると、皆優しく仕事を熱心に教えてくれました。フォークリフトの免許もとりました。今は、倉庫の管理だけでなく現場へ行くなどで頑張っています。日本の食べ物は、焼肉・カレーが好きです。夜、ご飯を食べた後は、毎日、日本語能力試験の勉強をしています。技能実習生なので、最長5年間の勤務となっていますが、ずーと日本で仕事がしたい!ずーとエコリースで仕事がしたい!!と思っています。